愛知労働基準協会

フォークリフト等の技能講習、労働基準法等の普及促進

 公益社団法人 愛知労働基準協会は、昭和26年11月17日設立以来労働
基準行政の協力機関として労働基準法、労働安全衛生法等の普及促進および労働災害の防止、労働福祉の向上等を目的とした事業を行っています。

12月

セミナーのご案内

無期転換基礎セミナー

無期転換基礎セミナー

【日 時】
第1回:平成28年12月2日(金) 13:30 ~ 15:30
第2回:平成29年2月 24日(金) 13:30 ~ 15:30
【会 場】 愛知労働基準協会 第3研修室

【参加費】 無 料

平成25年4月に施行された改正労働契約法では、有期労働契約が反復更新されて、
通算5年を超える平成30年4月以降から、労働者の申込により、期間の定めにない
無期労働契約に転換することが可能となりました。
本セミナーでは、無期転換制度を正しく理解するとともに、労働契約等の基礎を踏まえて、転換後の処遇に関するポイントや企業に求められる実務対応を具体的に解説します。

第2回メンタルヘルスセミナー  
「職場のメンタルヘルスと法」
~典型事例に基づくQ&A、ストレスチェック実施上の法的留意点~

「職場のメンタルヘルスと法」~典型事例に基づくQ&A、ストレスチェック実施上の法的留意点~

日 時:平成28年12月9日(金)13:30~16:30
会 場:愛知労働基準協会 第1研修室
講 師:近畿大学 法学部 教授 三柴 丈典 氏
協 力:愛知衛生管理者交流会 愛知THP推進協議会

参加費:会員:8,300円 / 非会員:10,300円

メンタルヘルス不調者対策が、企業にとって重要な経営課題の一つとなっています。
業務が原因で発症、あるいは悪化した場合には、労働災害のみならず、損害賠償責任に発展することもあります。そのため企業は、メンタルヘルス不調者が実際に発生した場合の休職、復帰、退職等の諸問題について、予め安全配慮義務を理解した上で、適切に対応する必要があります。本セミナーでは、職場におけるメンタルヘルス法務の専門家である近畿大学 法学部 教
授の三柴 丈典 氏から、判例をはじめ幾つかの事例を交えながら、安全配慮義務を踏まえた具体的対応方法等をわかりやすく解説していただきます。

平成28年度化学物質管理セミナー  
「化学物質のリスクアセスメントの実践的な進めかた」

平成28年度化学物質管理セミナー  「化学物質のリスクアセスメントの実践的な進めかた」

日 時:平成29年1月16日(月)9:00~17:00
会 場:愛知労働基準協会 第3研修室
講 師:一般社団法人静岡県産業環境センター技術顧問 土屋 眞知子 氏
協 力:愛知衛生管理者交流会 愛知THP推進協議会

参加費:会員 4,500円 / 非会員 5,500円

本年6月1日より、危険有害性通知対象義務物質である化学物質について、リスクアセスメントの実施が義務化されました。また、福井県の化学工場で発生した膀胱がんの発症調査を踏まえ、平成29年1月1日から、これまで規制対象ではなかったオルト-トルイジンが特定化学物質として規制されるなど、化学物質のリスクアセスメントは、より一層重要とされています。
本セミナーでは、日本作業環境測定協会主催の「中央シンポジウム -化学物質のリスクアセスメント義務付けに企業はどう対応するか-」のパネリストを始め、(株)大同分析リサーチ様(日本作業環境測定協会東海支部)の作業環境測定士に対する化学物質リスクアセスメント講習の講師を担当するなど、実績も豊富な (一社)静岡県産業環境センター 技術顧問の 土屋 眞知子 氏を講師に迎え、講義と演習を通して具体的な手順や注意点、低減措置について説明するとともに、リスクアセスメントの実施による改善事例等の紹介・解説をします。

戦略的計画に基づいた安全衛生活動の事例紹介セミナー

戦略的計画に基づいた安全衛生活動の事例紹介セミナー

日 時:平成29年1月20日(金)10:15~16:00
会 場:愛知労働基準協会 伏見第一ビル5F
主 催:中央労働災害防止協会
協 力:(公社)愛知労働基準協会

【参加費】
会 員:18,510円 (中災防会員・賛助会員)
※割引サービス利用の場合 11,110円
非会員:20,570円 
※割引サービス利用の場合 12,340円

本セミナーは、「事故が起こったら再発防止対策を行う」という“もぐらたたき”のような安全衛生活動から脱却し、2~3年先を見据えた取り組みの参考となる事例を紹介します。
事例の発表内容を踏まえて、“戦略に基づいた安全衛生方針・目標・計画の樹て方”、“的確な現状把握の重要性”、“職場での独自性、自律した活動”、“適切なPDCAのすすめ方”、“従業員一人ひとりへのアプローチ”等々を巡って、講師の方々にディスカッションしていただきます。また、参加者の皆様からの質問をお受けする時間も設けます
安全衛生スタッフ、ラインの管理者等、多数のご参加をお待ちしております。

事業場内メンタルヘルス推進担当者養成研修

事業場内メンタルヘルス推進担当者養成研修

日 時:平成29年1月24日(火) 9:30~17:20| 25日(水) 9:30~16:40
会 場:愛知労働基準協会 第3研修室
主 催:中央労働災害防止協会
協 力:(公社)愛知労働基準協会

【参加費】
会 員:30,860円 (愛知県下の各労働基準協会会員・中災防賛助会員・THP登録者)
※割引サービス利用の場合 18,520円
非会員:34,970円 
※割引サービス利用の場合 20,980円

厚生労働省が策定した「労働者の心の健康の保持増進のための指針」では、職場のメンタルヘルス対策を進めるために、「事業場内メンタルヘルス推進担当者」を選任することが努力義務として規定されております。
本研修は、厚生労働省が示すカリキュラムに基づき、心の健康づくり計画の策定から、メンタルヘルス不調者への対応、職場復帰のための支援、職場環境等の改善など、職場におけるメンタルヘルス活動に必要な知識を包括的に学ぶことができます。
人事労務管理スタッフ、保健師等産業保健スタッフ、職場のメンタルヘルス担当者等、多数のご参加をお待ちしております。

危険予知訓練(KYT)1日研修会(平成28年度)

危険予知訓練(KYT)1日研修会

[日時]
第1回 平成28年5月18日(水)9:15~17:00
第2回 平成28年7月13日(水)9:15~17:00
第3回 平成28年9月14日(水)9:15~17:00
第4回 平成28年11月16日(水)9:15~17:00
第5回 平成29年1月17日(火)9:15~17:00
[会場]
愛知労働基準協会 第3研修室

【参加費】
会 員:15,430円
 (※愛知県下の各労働基準協会会員・中災防賛助会員を含む)
非会員:17,490円

KYT(危険予知訓練)は、作業に潜む危険を予測し、指摘しあう訓練であり、危険に対する感受性を鋭くし、問題解決能力を向上させるとともに、実践への意欲を生み出す効果があります。本研修会では、KYTの基本について分かりやすく解説するとともに、演習により基本的な活用技術を習得できます。
事業所で初めてKYTを行う方、また、KYTの基本を復習したい方は、この機会に是非ご参加いただきますようご案内致します。

講習の一覧
WEB会員ログイン

WEBで講習会の予約ができます。
初めての方は、下記の講習会メニューから、講習会を選択した後、「申し込み方法」の
ページより、お手続をお願いします。

講習年間予定表(平成28年度)

QRコードは、平成26年7月17日から
変更になりました。

ポーラビル
公益社団法人愛知労働基準協会
(ポーラ名古屋ビル内)
ページの先頭へ